オレの持論をBlogに書いてます。

頑張って短眠してもリスク高でメリットなし

短眠はメリットなし

作為的に睡眠時間を短くする・・・そんなに死に急ぎたいのか!ってオレは思うね。
書店でもこの手の本はいくつも出てるし、雑誌でも真しやかな特集が組まれてるけど、実に馬鹿げてると思うわ。
眠らないというのは、動物にとってもっとも大きなストレスだよ。
睡眠専門医の中でも賛否は分かれているが、短眠推奨を言っているのは極少人数の医師だよね。

数年前から「短眠」がブームになっているね。
睡眠時間を短くすれば、人生で得をするなどのキャッチで雑誌などでもかなり
取り上げられています。
また、それに類する本も多く見られます。

単純に考えれば、睡眠時間7時間の人が5時間にすれば、確かに2時間得した
感じで、その分趣味や仕事にあてられるという・・・理屈も分からないでもな
いですが、果たして動物の自然の摂理を勝手に操作できるものなんでしょうか?
ボクは多いに疑問…というより、絶対反対の立場を取っています。

体のサイクルで、不要なものは何一つありません。
必要だから、動物は生きるため、それぞれの進化の過程で固有メカニズムを持ち、
生活サイクルで暮らしているわけですね。

睡眠時間は人によって違ういますが、それはその人に取って”必要”が違うという
事です。
この時間は、神に与えられた時間だとボクは考えています。「おまえはこれだけ
眠らないと蘇生しないんだよ」という暗黙のメッセージですかね。

確かに短眠の人はいます・・・いわゆるショートスリーパーと言われる人。
時間の損得だけで考えれば、得な人かもしれません。
しかし、眠っている時間が至福の時間だったら、損してるとも考えられますね。

睡眠不足からくるダメージを考えると、無理に、また作為的に睡眠を短くするな
んて実に恐ろしい事だと思いますよ。

人は、歳をとると睡眠の質は劣化し、特に睡眠時間は短くなります。
これは社会との接触が少なくなり、会話が減り、日中の運動量も減少するからで
しょう(他に生理的な要因もあるかもしれませんが)。

歳をとれば自然に睡眠は短くなる・・・慌てて、無理に、今短くする必要もない
でしょう。

 

関連記事一覧

  1. A2Care花粉症対策
  2. 寝具の工場チェック

無料カウンセリング申込み

最近の記事

  1. 人の体重比
  2. 入浴は温度より入るタイミングが重要

アーカイブ

PAGE TOP