arai nobuhoiko official-site

Start content

睡眠は「習慣」と「環境」がすべて。

快適な睡眠はいくら知識やノウハウを知ったところで得られない。 研究結果や睡眠常識はあくまで平均値…自分の睡眠を比べて悩むほど無意味なことはない。 睡眠の改善とは、自分固有の領域や生活事情を踏まえてた生活習慣、室内環境からストレス要素を排除した就寝前の環境の整備、自分の体格・体質・寝姿勢にあった心身ともに熟睡できる寝所整備をバランス良く総合的に整えるということ。

睡眠はQOL(Quality of Life)の出口戦略だ。

睡眠の目的は「やりたいことが何でも出来て、行きたいところへいつでもいける達者な自分でいる」ため。 どうぜ毎日眠るんだから、快適に眠り、爽快に目覚められた方がいいに決まっている。 そして、欲深くさらに気持ちのいい睡眠を追いかけないと勿体ないとということだ。

睡眠

● 睡眠の良し悪しは一日の暮らし方の縮図。
● 睡眠は誰もが平等に得られるものではない。
● 睡眠はデータでなく満足度で判断する。

詳細を見る

寝室環境

● 寝室とは自分の"巣"のこと。
● 環境整備の基本は通気と換気。
● 重要な要素は照度・湿度・温度・音・臭いの5つ。

詳細を見る

眠具

● 風邪をひかないで寝る場所が「寝所」ではない。
● 寝所は敷寝具で7割決まる。
● アイテムにはそれぞれ役割と必要機能がある。

詳細を見る

information

PAGE TOP