荒井信彦の仕事:arai nobuhiko official-site

Start content

日々元気に過ごしたい?ぐっすり気持ちよく眠りたい?

「やりたいことが何でも出来て、行きたいところへいつでもいける自分でいる」。
そんな"高いパフォーマンスで「達者」に楽しく暮らす"ことが「快眠」の目的だとオレは考えています。
どうせ毎日眠るのなら、心の底から気持ちよい眠りにしないと勿体無い。そんな思いで自分の快眠を探究し続けています。
そしてオレを必要とする方に、快眠環境づくりのコンサルティングから眠具製作までを総合的にプロデュースしています。

要紹介

ワークは今までご縁があった方及びその方からの紹介の方に限らせていただいています。
あなたの仕事が終わってからあるいは休日がオレのワーク時間ですのでいつでも会えますよ。

■活動時間:土曜・日曜 10:00~20:00、平日/18:00~21:00
■ご連絡は「Contact」またはメール: info@al-jabr.co.jp、FAX: 03-4333-7550でお受けしています。
 *電話でのお問合せ等はお受けしていません。

PROFILE

睡眠・寝具の世界に入って40年。オリジナルブランドAl-jabr(アル・ジャブル)のみならず、同異業問わず商品企画やOEM商品開発に多数携わらせていただき、多種多彩な生産ルートと繋がりました。オレの素材知識やネットワークは様々なご要望への企画・製作の経験とそれに関わった多くの方々とのご縁が礎になってのことです。

詳細を見る

CONCEPT

俗に言う「理想の睡眠」は、食事で言えば「入院食」のようなもの。カロリーや栄養さえ充分とれればいいのか?オレは嫌ですね。やっぱり美味くないと。睡眠の質は自分の生活サイクルとの帳尻合わせです。ヒトは知識ではなく自分の文化で眠ってるんです。そして知恵を使い、工夫しながら「快適」に眠っているんです。

詳細を見る

WORK

睡眠の良し悪しは一日の暮らし方の縮図。快眠とは快適に目覚められた結果...快眠をプロデュースするということはずっと長い友達付き合いのようなサポートをし続けるということです。だからオレを??と感じるなら他に相談して下さい。オレも一肌脱げないと感じたらお断りします。これ、オレのワークの基本スタンスです。

詳細を見る

「ひとり」のための一枚を創る!

気持ちよく眠るための道具なら「眠具」でないとね。

「眠具」は料理で言ったら高級食材を使った美味すぎる料理であってはいけない。
飽きずに毎日美味しくいただける「ご飯」でないといけないんだとオレが思っています。
必要な機能を一つも欠く事なく、至福の心地良さを感じながら深い眠りに落としてくれる道具を「眠具」としてオレは探究しています。

  1. LINEN CURTAIN

    家庭洗濯しても縮まない国産の麻

  2. DOWN QUILT

    外気温と体温の温度調整力が羽毛の命

  3. WOOL BED-PAD

    ウールは調湿力・抗菌力が凄い

  4. POWER SLEEP-MAT

    薄くてしっかり身体を支える反発力があるマットがいい

  5. 間座(MAKURA)

    首と肩の隙間を埋める道具として選んで自分で調整するのがマクラ

  6. BED LINEN

    眠る時は真っ暗。だから色柄より肌ざわりがいい布でなきゃね。

  7. A2CAREライフケアサプライ

    安全性が極めて高く、菌の生存条件を破壊して除菌

  8. PILLOW

    肩から寄り掛かって眠るクッションと同じ用途のピロー。

持論、独断、直球で書いてます♬

PAGE TOP