昼寝が無理なら1分眼を閉じる。

作業効率を高めてくれる「パワーナップ」が取れる会社は少ない

睡眠の質も量も個人差が大きいし、季節や気温によっても違う。人の体内のメカニズムからも、冬と比べて夏は睡眠時間が短くなる傾向にある。 急に暑くなるとなかなか入眠できず、睡眠不足になる日も多くなる。

数年前から厚生労働省も会社での昼寝を推奨していて、20~30分未満程度の仮眠をとる「パワーナップ」は、脳がリセットされて午後からの作業効率を高めることがわかっているが、パワーナップ採用の会社が徐々に増えてきたとは言え、まだまだ職場で昼寝ができる環境は少ない。 特に日本は「昼寝=怠け者」的な社会風潮があるので、自分の評価を考えるとなかなか取りづらいだろう。

たとえ1分間であっても脳は休息できる

なぜ、パワーナップは20~30分未満程度がいいのか(高齢者は別だが)。それは、30分を越えると深い眠りに入ってしまい、目覚めたときから貯 めてきた「睡眠欲」 がそこで減って、眠気が来るのが遅くなって夜の睡眠に影響が出るからだ。数年前、1分間目を閉じる「1分仮眠法」が話題になったが、実際にやってみると1分間であっても脳は休息できる実感が合っていいわ。
日中、最も多くの情報は目から入ってくる。勝手に飛び込んでくるといってもいいだろう。 これによって目だけでなく 脳へのストレスでもあって脳に負担をかけているのは間違いない。 だからパワーナップの替わりに1分間まぶたを閉じて、目からの情報をシャットアウトするのは「とても有効」と考えられます。

この「1分仮眠法」は特別新しい仮眠法なく、 今までごく自然にオレらが実践していた疲労回復の方法。デスクワークで疲れるとペンを置き、少し目を閉じて気分転換をしてから仕事を始めていたよ。 すでに本能としてその効果があるということを無意識に知っていたんだろうね。

疲れた目を手のひらで温める

さらにこの1分間の効果を高めるなら、閉じたまぶたに両法の手のひら(指先ではなく腹の部分)を軽くあてがってあげるとより効果的。疲れた目は温めてあげると疲労回復になるし、手のひらを押し当てるのではなく手の温度が伝わる程度に軽く触れるのがいいね。短時間でいかに脳をリセットするか…特にビジネスパーソンは午後のパフォーマンスを決めることになると思うよ。

20分のまとまった時間があるなら持続性のあるパワーナップが絶対いいが、その時間がないあるいはその環境にない時は1分仮眠法を是非是非!

関連記事一覧

  1. 居眠りは午前中の電車で。睡眠不足の解消に役立つらしい

お問合せフォーム

最近の記事

PAGE TOP