Blog読んでね〜♪♪^^ 読まれてないと心折れるしさ

【表示の盲点】ウールマークと毛100%の違い

ウール製品・・・寝具ではベッドパッドやブランケットなどがあるが、その品質表示に印字されている「毛100%」の商品でも「ウールマーク」の付いているものと付いていないものがある。

これは家庭用品品質表示法に基づいてすべての商品に素材表記しなければいけないものと、さらにIWS国際羊毛事務局がその品質が高品質であることを証明するラベルが「ウールマーク」で、毛が100%であったらウールマークが付くってものではない。

「毛100%」とは

「毛100%」とは、家庭用品品質表示法では “97%以上が毛であれば「毛100%」と表記でだ。問題なのは、再生羊毛(回収処分繊維製品の再生わたなど)の使用も認めているということ。
つまり、買い替え時の羊毛寝具の回収廃棄品なども再度ほぐしてわたにすれば ”毛”の内に含まれるという事だね。
また、毛が97%で残りの3%にアクリルやポリエステル、綿などが混じっていても「毛100%」の表示が可能と言う事でもある。

ジーンズなんかでは再生繊維(リサイクル繊維)で織り上げたものがある種ブランド化して店頭に出ているから、リサイクルわた使用の寝具も堂々と表示したらいいのにって思うんだけどね。その方が分かって選べるから安心だと思う。

「ウールマーク」とは

一方「ウールマーク」を付けられる製品は、”新毛99.7%以上”であることが条件となるため、製造工程で他の繊維のダストが混入する可能性もあることから0.3%だけアロワンスを見ているという事で、限りなく毛100%である証明となる。

また、ウールマークは羊毛のほかにモヘア・カシミヤ・アンゴラなど高級獣毛に限っては付けられるが、家庭用品品質表示の「毛100%」ではすべての獣毛を含む・・・極端に言えば、毛であればどんな毛でも問題ないということ。

ウールは羽毛の表示偽装より酷い

数ヶ月前に羽毛の表示偽装が話題になったが、安価なウール製品の違う素材の混入での酷い表示偽装になるし、現実に数年前のある団体の量販店や通販の商品を抜き打ち調査では、綿やアクリル、ポリエステルなどが混入しているものがほとんどだったことが業界紙にも掲載されたわ。

では、オレらはどうチェックしてるのか?・・・それは燃焼検査だ。繊維はそれぞれ燃やすと色や臭い燃え方に特徴がある。毛100%なのか混ざり物があるのかは燃やしてみれば確実に分かる。

ウールは保温性、吸湿性、発散性、抗菌力、消臭性など特に敷布団やベッドパッドには理想的な中素材だ。そうした機能を利用して快眠の道具にするためにはやはりしっかりした品質管理がされているものを中材に使わない限りその効果は得られないね。
「安くて寝られれば何でもいい」なら別だが、価格はダテには付いていないことは毛100%の寝具でも言えること。

ウールマーク

関連記事一覧

最近の記事

  1. マーキュリーアカデミー講義
  2. 眠気を飛ばす最も即効性のある方法
  3. 「羽毛布団 激安!」通販番組の決まり文句の裏解説

アーカイブ

PAGE TOP