羽毛は命の恵みと知れ。

DOWN QUILT

外気温と体温の温度調整力が羽毛の命

羽毛布団とは:

●羽毛は食肉用の水鳥の副産物。だから水鳥の命で温めてもらう「特別な布団」。
●ダウンは1羽で3〜5g程度しかは取れない(中材量:800gなら160~270羽は必要)。
*だからマトモな羽毛布団はそんなに安いものではないってこと。
●予算がなければ羽毛布団は選んばない方が得策。

羽毛が理想的な掛布団素材と言えるのはこの3点から!
●外気温と体温の温度差を感じ取ってその日のカサ高をきめて保温する機能がある。
●図抜けた通気性・透湿性・発散性がある。
●体への密着度が高いので、寝返っても温まった空気を外に逃がしにくい。
*但し、敷寝具には最低の素材なので敷寝具はお断りする。

羽毛選定の基準:

●原毛調達は原産地から直接買い付けし、輸入の際は1ベール毎にロットNO.を付けて追跡可能なトレーサビリティーが確立している貿易商社の羽毛であること。
●輸入後の原毛の洗浄から選別などのすべての下仕事は国内で行っている羽毛であること。
●第三者試験機関で混合率、カサ高性、洗浄度、酸素計数を試験し合格値を確認した羽毛であること。

製品の最終検品の基準:

●最終的には製品に仕立てオレの経験値に基づく手の平の感触チェックがOKであること。
●羽毛の臭いによりオレに気管支が鳴り出す喘息発作が起こったらNG!…オレはアレルギー性喘息だからオレが使えないものではダメ!

使用羽毛:

北欧産ホワイトグース(がちょう)のみ。ダック(あひる)は用いない。
●ダウンの混合率は90%以上95%未満であること。耐湿気の機能があるスモールフェザーは10%程度は必要。
●鳥の原産国は、飼育のノウハウをしっかり持っている北欧のポーランドハンガリーをベースに予算に応じて使い分ける。
*その時期に入荷した羽毛原毛の優劣をオレの手で判断して原産国を変える場合あり。

使用生地:

●綿100%の国産生地のみ使用。
●生地が汗に含まれるタンパク質や尿素、塩分などを濾過して羽毛へのダメージを減らすため、ガサガサせず、しなやかで、ある程度の厚さのある生地を用いる。
*いたずらに高級志向の薄手の生地は羽毛が早く傷むのでリフォームまでの期間が短くなり実用品ではなくなるので使わない。
●カラーはオフホワイトのみ。

製作期間:

●側生地縫製から羽毛の吹き込みまで、ご注文から1枚づつ仕立てていくので仕立て上がりまで3〜4週間くらい

  1. 気密性の高い寝室
  2. 底冷え感のある寝室
  3. 一定温度を保てる寝室

マンション、気密性の高い寝室

布団は収納している時に最も傷む。だから通年通して使えるボリュームのものが一番実用的だ。なら東京で一番寒い時期にどれくらいのボリュームならいいのか?...年明けの雪の日にベランダ(屋外)で寝てみればわかるだろう!ということで何度か寝てみたら、毛布を敷いて、薄手のウールか綿のケットを羽毛の上に掛ければこのタイプのボリュームで充分温かいってことが実感できた。だから、オレは真夏以外スリーシーズン使えるこのボリュームは掛布団として最も効率が良いと判断している。

■220~240g/㎡(目安)

■規格サイズ:S: 150×210・SD: 170×210・D: 190×210・Q: 210×210・K: 240×210
*希望サイズがあれば1枚からお仕立て可能(別途見積)。

【Upperレベル:ポーランド産ホワイトマザーグース ダウン95%】

■生地:インドスビン超長綿<94g/㎡>
■価格:S: 297,000〜 (0.7kg)・SD: 352,000〜(0.8kg)・D: 407,000〜(0.9kg)・Q: 462,000〜(1.0kg)・K: 517,000〜(1.15kg)

【Basicレベル:ポーランド産ホワイトグース ダウン93%】

*現在オレはこのタイプを使っています。
■生地:80番手超長綿 <114g/㎡>
■価格:S: 198,000〜(0.7kg)・SD: 242,000〜(0.8kg)・D: 275,000〜 (0.9kg)・Q: 319,000〜 (1.0kg)・K: 352,000〜(1.15kg)

【Underレベル:ハンガリー産ホワイトグース ダウン93%】

■生地:80番手超長綿 <114g/㎡>
■価格:S: 132,000〜(0.75kg)・SD: 154,000〜(0.85kg)・D: 176,000〜(0.95kg)・Q: 209,000〜(1.05kg)・K: 231,000〜(1.2kg)


*価格はすべて税込み価格です

北向きの和室、底冷え感のある寝室

畳の日本間や床が冷えるマンションの1F(地区や建物構造にもよるが)は少しボリュームを上げたものがいい場合もあります。また、ボリュームのある掛ふとんが好みの人もこのタイプがいいですね。ただし、羽毛は温度調整して適温に保温する機能があるから都市部なら1/2厚も3/4厚も冬の保温にあまり大差がないです。この3/4厚は気候が暖かくなったら暑く感じるので、夏用に1/4厚の布団がもう一枚あるといい。

■285~300g/㎡(目安)

■規格サイズ:S: 150×210・SD: 170×210・D: 190×210・Q: 210×210・K: 240×210

【Upperレベル:ポーランド産ホワイトマザーグース ダウン95%】

■生地:インドスビン超長綿<94g/㎡>
■価格:S: 363,000〜(0.9kg)・SD: 429,000〜(1.05kg)・D: 495,000〜(1.15kg)・Q: 572,000〜(1.25kg)・K: 638,000〜(1.45kg)

【Basicレベル:ポーランド産ホワイトグース ダウン93%】

■生地:80番手超長綿 <114g/㎡>
■価格:S: 264,000〜(0.9kg)・SD: 308,000〜(1.05kg)・D: 363,000〜(1.15kg)・Q: 407,000〜(1.25kg)・K: 462,000〜(1.45kg)

【Underレベル:ハンガリー産ホワイトグース ダウン93%】

■生地:80番手超長綿 <114g/㎡>
■価格:S: 154,000〜(0.95kg)・SD: 176,000〜(1.1kg)・D: 209,000〜(1.2kg)・Q: 231,000〜(1.35kg)・K: 264,000〜(1.5kg)


*ご希望サイズで1枚からお仕立てできます(別途見積)
*価格はすべて税込み価格です

空調で一定温度に保てる寝室

夏用のボリュームといってもいい厚さが1/4厚。いわゆるホテルなどでメーキングされている掛ふとんはこのくらいの感じです。東北地方などで一晩中ヒーターを点けっぱなしで眠ってる環境などの場合はこのくらいの薄手の布団でないと汗をかいて風邪をひくことがありますね。あくまで一昼夜一定の暖かさが保たれている寝室で使うボリュームです。

■95~110g/㎡(目安)

■規格サイズ:S: 150×210・SD: 170×210・D: 190×210・Q: 210×210・K: 240×210

【Upperレベル:ポーランド産ホワイトグース ダウン93%】

■生地:80番手超長綿 <114g/㎡>
■プライス:S: 143,000〜(0.3kg)・SD: 165,000〜(0.34kg)・D: 187,000〜(0.38kg)・Q: 220,000〜 (0.42kg)・K: 242,000〜(0.48kg)

【Basicレベル:ハンガリー産ホワイトグース ダウン93%】

■生地:80番手超長綿 <114g/㎡>
■プライス:S: 88,000〜(0.35kg)・SD: 110,000〜(0.4kg)・D: 121,000〜(0.45kg)・Q: 143,000〜(0.49kg)・K: 154,000〜(0.56kg)


*ご希望サイズで1枚からお仕立てできます(別途見積)
*価格はすべて税込み価格です

 

PAGE TOP
error: このコンテンツのコピーは禁止されています。