Blog読んでね〜♪♪^^ 読まれてないと心折れるしさ

A2Care:用途に応じて香りをつける

A2Care除菌消臭剤の特徴であり、支持されているところでもあるのが”無色無臭”だが、除菌消臭の場面でも臭いがあった方がいい場合がある。

介護で気づいた活用法

介護での経験で気がついたのだが、お漏らし程度ならいいが床などに漏らした場合、しかも便秘薬を飲んだ時の下痢などの場合はA2Careでの処理後もどうしてもどこか臭いが残る。この臭いが老人臭などと混ざって独特の室内臭となるように思う。臭いは壁や特にカーテンなどに染み付くのでふとしたはずみで悪臭を感じるんだよね。

香りのある除菌消臭剤のほとんどはマスキング方式での消臭・・・臭いの分子の周りにそれより強い香りの分子をつけることで元の臭いをごまかす方式だ。単なる芳香目的ならマスキング方式でもいいんだろうが、雑菌など臭いの元になるものは残ったままなので除菌剤を混合することで”除菌消臭剤”としているものが多い。この混合する除菌剤が安全ではないのだが、このコラムではその辺は省くわ。
A2Careの解説ページでも書いているが、A2Careの場合は元の雑菌の細胞膜を破壊して死滅させるので結果的にその雑菌が発する臭いがなくなるというものだ。しかも極めて安全性が高い。

香りがあった方がいい場面で、やっぱり市販のマスキング方式の除菌消臭剤もいるかも・・・と頭をよぎったが、A2Careの消臭は有機物質に限って効果を発揮するわけだから、アロマオイルなど無機物質の香りは消さないことになる。
アロマデフューザーの水にA2Careを混ぜても水の腐食での雑菌の繁殖を抑えるだけでアロマ自体の香りは消せないということはそういうことからだ。

介護する父親の部屋には普通のA2Careとアロマで香りをつけたA2Careの2種類を置いて使い分けている。
お漏らしを処理したあとは普通のA2Careを掛けて拭き取りを繰り返し、残存する臭いが気になる時はアロマ入りのA2Careを室内空間にこまめに散布し、カーテンや壁にもこまめに吹きかけることにしている。
カーテンなどにアロマ入りをかける時は変色や輪染みなどになる場合があるから自己責任で・・・オレは一ケ所に集中的に付着しないよう、遠目にかけるようにしているわ。

香りつけても除菌効果は変わらない

便の残存臭の場合は、ミント系がいいみたいだ。ローズやラベンダーなどは混ざって妙な臭いになるのでオレはダメだったが、その辺は好みだね。もちろん香りはあるが本来のA2Careの除菌効果と有機物の消臭効果は変わらないからある意味一石二鳥って感じだね。

アロマオイルなどを入れるのなら、A2Careを2〜3倍程度に水で薄めて使っても除菌効果は全くかわらないから経済的だね。(薄めるとA2Care本来の除菌による消臭効果は落ちるみたいだから、介護使用で香りをつけたい場合は原液をそのまま用いた方がいい)

除菌と消臭の圧倒的な効果で活用してきたA2Careだったが、まさか介護で芳香剤としての用途でも活用するとは思わなかった。

使う用途でいろいろ工夫できるのは本物の証拠だ。

この他にもホントにいろいろな使い道で使っているが、裏技は薬事法で書けないので、その辺は直接お話しますから聞いてくださいましよ。

A2Careに香りをつける

■A2Care詳細ページはこちら>>>
■A2Careの活用関連コラムはこちら>>>

A2Careはwebshopでご購入いただけます

オンラインBASE a2

 

 

 

関連記事一覧

最近の記事

  1. マーキュリーアカデミー講義
  2. 眠気を飛ばす最も即効性のある方法
  3. 「羽毛布団 激安!」通販番組の決まり文句の裏解説

アーカイブ

PAGE TOP