オレの持論をBlogに書いてます。

A2care:生活シーン別活用ポイント

「衣服」でのポイント

●特に汗をかいた衿や背中、袖口に噴霧するといい。帰宅後のジャケットなど、毎日洗えないものにはとても簡便で効果あり。
●外食しての帰宅時は、特に焼肉などの臭いや、喫煙のタバコの臭いは即消臭効果がわかる。
●バッグの中や持ち手はたえず新しい臭いの素が入り込むので、靴の噴霧のついでにケアしておくこと。
*噴霧したら、しばらく部屋に吊るして表面が乾くまで放置しておく・・・すぐにクローゼットに仕舞うと、クローゼットの湿気が高くなりますので注意。
*洗濯機の廻りも脱いだ衣服から落ちる花粉が案外多いので、洗濯の際は洗濯機廻りにも噴霧すると室内に持ち込まれにくくなる。

「リビング」でのポイント

●布製の背当てクッション、椅子のシートクッション、ソファーなどは掃除後に噴霧。
●普段移動しない家具やテーブルの脚が着いた床付近は、細かなダストが残っていがちなので、そこに噴霧しておくとより効果的。

「玄関廻り」でのポイント

●一日履いた靴の中は雑菌だらけだから、帰宅したら必ず靴の中に噴霧が必要。
●玄関や下駄箱の臭い対策は、革靴の表面には出来るだけ着かないように、少し離して空気中に噴霧。
*ただし、お子さんのスニーカーなどは結構凄い臭いだったりするので、布製の場合は中だけでなく表面にも噴霧する。

「キッチン」でもポイント

キッチンの臭いの多くは、生ゴミや吹きこぼれがあっての臭いが原因だから、ゴミ捨てや簡単にコンロ掃除、片付けをした後に除菌として使用するようする。
●コンロ周辺は、掃除した後には空間および換気扇、換気扇のフィルターに噴霧。
●ゴミ箱周辺も・・・ゴミを捨ててから中側全体に噴霧。
*食器に着いても安全なので、無造作に噴霧できるのがとにかく便利で安心

「トイレ」でもポイント

●最初に便座とその周辺(案外忘れがちなのは床から腰くらいまでの高さの壁面なのでそこも)に噴霧して、数分後に拭きとれば簡単に除菌消臭できる。
●最後に天井に向けて2〜3撒布してトイレを出れば室内全体の消臭もバッチリ。

*除菌を目的にして試用する場合

一般的には除菌&消臭の効果が欲しいのがほとんどのシーンだから、100ppmのものを普通に使うのがほとんど。もし除菌だけが目的ならば、A2Careを2〜3倍に薄めても除菌効果は変わらないので、詰め替えボトルにA2Careを水で50%に薄めたものを作って使うと、床やトイレなど広範囲を除菌したい時に経済的だ。

*生活シーンでの注意点

A2Careの「消臭効果」は、あくまで臭いの素から発生する臭い分子(細菌や雑菌など)を破壊し臭いでなくすということで、臭いの素までなくすものではない。使用の前には必ず臭いの素の清掃除去することだ。

関連記事一覧

無料カウンセリング申込み

最近の記事

  1. 人の体重比
  2. 入浴は温度より入るタイミングが重要

アーカイブ

PAGE TOP