INFOMATION & NEWS

品質表示の絵表示(洗濯マーク)が改正

今年2016年12月1日より家庭用品品質表示法に基づく繊維製品品質表示規程の改正が行われます。これにより、衣類等の繊維製品の洗濯表示を新しいJIS L0001(新JIS)のマークに変更されます。

新JISでは、記号の種類が今までの22種類から41種類に増え、きめ細かい取扱情報が提供されるのとともに、国内外で洗濯表示が統一されることになり、海外で購入した繊維製品の洗濯・取扱方法もわかりやすくなると考えられます。

今までの日本の繊維製品は、日本独特の洗濯習慣に合わせた表示で、洗濯機のスペックや水の条件(お湯で洗うなど)による洗濯方法の違いのある海外の表示とは、まったく別のものでした。統一されるのはいいと思いますが、しばらく混乱するかもしれませんね。

また、何分日本は洗濯条件はいいので、海外にも対応するとなると表示するマークの意味する取り扱い方法は厳しいもの付けることになるかと思いますので、今までの経験でお客様自身が判断して洗濯することも多くなるかと思われます。

消費者庁の改正にともなる経過措置として、改正日以前に表示されたものに関してはそのまま現行表示で差し支えないとなっておりますので、al-jabr製品も順次変更を行ってまいります。

洗濯表示等商品の取扱、洗濯方法につきましてはお気軽にいつでもご一報くださいませ。

詳細は「消費者庁のページ」へ >>>>>

PAGE TOP