WOOL BED-PAD

WOOL BED-PAD

ウールは調湿力・抗菌力が凄い

ベッドパッドに限らず、ウール(羊毛)は敷アイテムのベスト素材です。敷の素材に必要な機能は「蒸れない為の吸湿発散性」と「汗を吸うので消臭・抗菌性」が必要です。気密性が高く、冷暖房もある今の住宅事情や日中は仕事で布団を干す時間も場所もないという生活様式にはドンピシャな素材といっていいでしょう。またウールはフエルト状にヘタる欠点がありますが、ヘタッても保温力は変わらないのも実用品として適しています。

国内で作られる製品で用いるフランス産羊毛は、原毛を輸入して化炭処理という不純物除去の下仕事がされています。海外ではピュアな原毛の状態のまま中材にしていますが、体重が掛かる敷アイテムとしては国内で下仕事され、やや硬めでコシの強さをもったウールの方が適しています。故にフランスウールとしてトップランクではありませんが敷アイテムとして最適で実用的なウールです。

和式敷布団の場合

ベッドとフロアタイプ(和式スタイル)は、それぞれのアイテムの役割も機能は同じです。【厚手(二層タイプ)】よりさらにわた量は増やして仕立てる事も可能です。
毎日の収納上げ下しなどの労力も考えながらボリュームを決めていきます。

  1. スペック詳細
  2. arai's message
  3. プライス(本体価格)

Al-jabrウールベッドパッドの仕様

■使用ウール:
フランス産羊毛100% "プレミアム・レベル"

■使用生地:日本国内産の綿100%(新疆超長綿)の朱子織
114g/軽量ウールプルーフ<80/1×80/1・405本打込本数>
■カラー:スノーホワイトのみ

arai が使用した感想

生地はダスト防止、キルティングは縦方向
使用中に切れたウールがダストとして吹く事がないよう目の詰んだ密度の高いコットンファブリックを用いています。キルティングは、背中の神経に最も抵抗感のない凹凸としてタテ方向の直線キルトにしています。

寝心地で選べる3タイプのボリューム
安堵感や寝心地感を左右するパッドのボリュームは3タイプ用意していますあります。ベッドマットに直に寝た方が気持ちが良いという方はレギュラー厚、横向きで寝る方はやや厚手のものがいいです。

プライス(本体価格)

■Price(Volume):

● マットの硬さで充分心地よい場合:レギュラー厚(250g/㎡<一般的なベッドパッド厚>)
S: 27,000- (0.5kg)・SD: 33,000-(0.6kg)・D:  38,000-(0.7kg)・Q: 44,000-(0.8kg)・K: 49,000-(0.9kg)

● マットがやや硬めに感じる場合:やや厚手(500g/㎡<レギュラー厚の2倍のボリューム>)
S: 30,000- (1.0kg)・SD: 36,000- (1.2kg)・D: 42,000- (1.4kg)・Q: 48,000- (1.6kg)・K: 54,000- (1.8kg)

● 薄手の敷布団に近い寝心地が好みの場合:厚手(1000g/㎡<レギュラー厚の4倍のボリューム>)
S: 38,000- (2.0kg)・SD: 46,000- (2.4kg)・D: 54,000- (2.8kg)・Q: 61,000- (3.2kg)・K: 69,000- (3.6kg)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■サイズ詳細:S: 100×200・SD: 120×200・D: 140×200・Q: 160×200・K: 180×200
■サイズはご希望でお仕立ても可能です
■価格は本体価格です

PAGE TOP