GAZE & PILE TOWEL

GAZE TOWEL

掻き取ると吸い込むを兼ね備えたタオルが日本人の肌に合う。

Al-jabr ガーゼ&パイルタオル「晒 SARASHI」。
Al-jabr Blandのアイコン的なアイテム。Al-jabrをスタートした当時から続けている表:ガーゼ/裏:パイルの極薄のタオル。ガーゼ面でかきとった水を、裏面のパイル糸に移動させて吸わせて給水量を増やす・・・だから、ガーゼ面で拭くとるのが本来の使い方です。

科学物質に敏感な方からのご要望により作ったガーゼとパイルの未染色のタオルです。織り上げてから糊抜きのために熱湯で洗った後、染色せずにタオルに仕上げましたので化学物質による仕上げはほとんどしていません。現在はこの「晒」1色のみです。

  1. スペック詳細
  2. arai's message
  3. プライス(本体価格)
  4. Option:正藍染めとは・・・

Al-jabr ガーゼ&パイルタオルの仕様

■生産地:大阪
品 質 : 綿 100%(縫い糸も綿100%)

Web-Shopでご購入できます

arai が使用した感想

 

プライス(本体価格)

■ ウォッシュ: 33×42/ 500-
■ フェース: 33×92/ 900-
■ バス: 65×130/ 1,900-

正藍染めガーゼ&パイルタオル
正藍染はご注文を頂いてから作家さんに依頼します。藍の瓶の状態で1-2ヶ月間くらい納期がかかる場合がございます。
■ ウォッシュ: 33×42/ 1,500-・フェース: 33×92/   3,000-・バス: 65×130  65×130  6,000-

正藍染めとは・・・

Al-jabr ガーゼ&パイルタオル「正藍」(注文生産)
「正藍(しょうあい)」で染めると、藍の強い殺菌力で、カビや雑菌が繁殖しないタオルになります。だから、一切洗剤は不要!水洗いだけでOKというタオルになります。そして、時たま家庭の温水器のMAXの温度(75%くらい)で、洗面器などにタオルを入れ、しばらく漬けて掛け流すと、皮膚から付いた脂が浮き上がって流れていきます。

「正藍」とは、「本藍染め」のこと。一言に藍染めと言っても、日本古来の藍染めは、【すくも藍】といわれる徳島産の蓼(たで)を発酵させた物(蓼藍、阿波藍ともいう)です。昔は手拭いなども本藍染めで柄を付けてました。藍は、抗酸化力が強く、雑菌の繁殖を防ぎ、殺菌の役割を果たすので、怪我をすると手拭いを裂いて濡らして包帯のように傷口に巻いたんでしょう。板前さんが豆絞りの鉢巻きをしているのも、指先を切った時に生ものから雑菌が入らないようにいつでも身に付けていたんだと思います。

現在は「本藍染め」と言っても、必ずしも【すくも藍】で染めたものではありません。ほとんどがインディゴピュアを混ぜた"割り建て"という方法で染色しているのが圧倒的に多いです。それが証拠に、藍染めの布を水に付けると、水が青くなる・・・藍は皆そうだと思っていたんですが実はすくも藍は色が落ちないんですね。ちゃんと綿糸の中に入り込んで結合して青くなるので色落ちがないです。

Al-jabrでは世の中の本藍染めとしっかり区別するために、あえて【すくも藍】で染めたものを「正藍(しょうあい)染め」ということにしています。
Al-jabrのタオルやファブリックを正藍染めしてくれるのは、福岡の正藍染めの職人、田中裕二氏。彼は本藍染めのワークウェアのブランド"Sin"を展開し、独自の持論で研究を続け、とにかく藍染めに詳しい人です。

藍について詳しくは、彼のサイトを参照して>>>真空館のサイト

PAGE TOP