Blog読んでね〜♪♪^^ 読まれてないと心折れるしさ

カバー・シーツのリペア(修理)

Al-jabrカバー

ベッドリネンのリペア

Al-jabrのカバーは今までのお客様の使用実績を会見すると5−7年で生地の油分が抜けて神のように切れます。それまでは生地は大丈夫ですから、かなりヘビーデューティーです。
使用途中で故障するのは大概がファスナー・・・ファスナーのスライダーのハズレやファスナー部分の生地の裂けなど。
拝見して状態を見ないとなんともいえませんが、殆どの場合、修理可能です。
Al-jabrの生地は使えば使うほど肌に馴染んで気持ちよくなりますから、その年月使い込まないと今の肌ざわりにはなりませんので、何か故障箇所があったらお気軽にお問い合わせください。
*カバー、シーツ等の修理はAl-jabr製品以外はお受け出来ませんのでご了承ください。

【ベッドリネンのファスナー修理】
■ファスナー部分の修理(ファスナーも交換)〜2.0m4,600-〜
■ファスナー部分のほつれの修理(ファスナーなし)〜2.0m/ 3,500-〜

【ベッドリネンの縫製修理】
■シーツ等のほづれの縫直し

〜1m/  2,500-〜・〜5m/  3,500-〜

ベッドリネンのリサイズ、リメイク

以前使っていたものと今使っているもののサイズが違う・・・普通ですと買い直しとなりますね。でも、大きいサイズを小さくすることは出来ます。
ボックスシーツも一度解体して生地に戻し、今のサイズにお作り直しできます。勿体無い精神でリサイズしましょう。

また今は使ってないアイテムのカバーを今使っているアイテム用に仕立て直して使う・・・ベッドリネンは一度素材に戻して縫い直せば別の用途で生まれ変わります。クッションカバーや座布団カバーに作り直したり、お昼寝布団のカバーに仕立て直すことも可能です。

【ベッドリネンのリサイズ】(大きいサイズを小さく)
■掛けふとんカバー
S: -150×210/  4,000-〜
SD:161-190×210/  4,400-〜・Q: 211-230×210/  4,800-〜
■ボックスシーツ(マット厚: 〜24cm
S: 100×200×30/   3,600-〜・SD: 120×200×30/  3,700-〜D: 140×200×30 4,000-〜・Q: 160×200×30 4,200-〜
■ピロケース(封筒タイプ)
35×100: 50×100/  1,400-〜
フラットシーツ、マルチクロス 
S: -160×250/   4,500-〜SD: 210-260×280/ 5000-〜
クッション・座布団カバー(ファスナー含む)
-50×-50/  1,600-〜・51-100×51-100/  1,800-〜

お作りするアイテム・サイズが価格になります。
■ 往復送料は別途実費ご負担となります。
■ 価格は本体価格です

以下のものはお受けできません

□ Al-jabr製品以外のもの(生地などの物性がわからないのでお受け出来ません)
□ 解体すると再生できないような損傷のもの
□ 生地本体の引き裂け

 

睡眠を改善されたい方、寝具を開発されたい方、睡眠空間を快適なものにしたい方 お気軽にご相談ください。

関連記事一覧

  1. ショートスリーパーは得か?損か?
  2. 45歳過ぎからの睡眠:眠りが浅い・夜中目が覚める・朝早く目覚める

最近の記事

  1. マーキュリーアカデミー講義
  2. 眠気を飛ばす最も即効性のある方法
  3. 「羽毛布団 激安!」通販番組の決まり文句の裏解説

アーカイブ

PAGE TOP