Blog読んでね〜♪♪^^ 読まれてないと心折れるしさ

ベッドマット選びは5〜10年後の年齢を考えて

寝具の対応年数は、アイテムよって異ななるが、リフォームなしで最も長いのはベッドマットだろうね。

ちゃんとしたベッドマット・・・コイルスプリングなら10年以上はへたらない。(安価なものは、最初は良くても、3ヶ月でへたり始めから、2年程度でで買い替えが必要)

そう考えると、今のTPOと5年10年後が変わらなければ問題はないが、普通10年間ではいろいろ変化するよね。
若い方でも、独身時代はシングル、結婚してダブル、子供が出来たら奥さんは子供の隣に和布団を敷き、子供が大きくなったらダブルに戻り、しばらくするとシングル2台で別床なんて流れもあるかも^^

オレは56歳なんだが、最近思うのは、たとえば近々ベッドマットを買い替えるとすると、5年後は61、10年後は66・・・重たいベッドを上下逆にしたり、裏表を逆にしたりのメンテナンスをしたり、動かして隙間を掃除したりする事がなかなか大変だろうね…ということ。

和布団でも一緒で、日々の上げ下ろしが歳とともに重労働になるのは間違いない。

寝具を買い替えの時は、心地よさや趣向も大事だが、自分の5年後、10年後の年齢とその間のTPOの変化も想定して、その辺にも考慮てのスタイル選定もが必要なように思うわ。

「重量」や「サイズ」、「仕様」などもある程度リメイクが可能というのも重要な選定ポイントになると思うよ。

長く付き合って行かなければならない道具だからこそ、そんなことも考慮しつつ、ご自分に合った眠具選定をしていただきたいと思うね。

ベッドマットの買い替え

 

関連記事一覧

最近の記事

  1. マーキュリーアカデミー講義
  2. 眠気を飛ばす最も即効性のある方法
  3. 「羽毛布団 激安!」通販番組の決まり文句の裏解説

アーカイブ

PAGE TOP