Blog読んでね〜♪♪^^ 読まれてないと心折れるしさ

睡眠薬・睡眠導入剤の常用をやめたい

睡眠導入剤を長期間常用されてる方って意外と多いのねぇ〜(==;;

「眠れない」にもいろんな段階がある。「不眠」と「不眠症」は違う。不眠は眠れないという現象であって、不眠症はその現象が慢性化して病気になっているってことなんだろうね。

不眠状態を心配し、早めに医師の診察を受けることはとても良い事だと思う。その時、だいたいが近所の内科、心療内科、精神科の医師あるいは病院で診察してもらうことが多いようだが、一般の病院では、多くの場合、鬱病と不眠は一緒に扱われるケースが多く、それですぐに睡眠導入剤の投薬ということになってしまうみたいだな。確かに不眠と鬱は関係大有りだからね〜

最近、コンサルした方でもほとんどが睡眠導入剤の常用を止めたい思っている・・・あたり前だけどさ。

しかし、数種のチェックシートを使って、主観的・客観的な睡眠状況を把握していくと、そんなに睡眠状態に問題はないことが多いんだよね。
要するに、「最近眠れない」って医者に言うと即処方されて、それが常用になり、飲まないと眠れないという不安感から長期間服用してしまうという悪循環で現在に至っているようだな。

まず、「最近眠れない」ということが気になったら、その原因を探ってみることだ。
個人差関係なく、生体として眠気が起きる様な日中の過ごし方をしているかどうか、眠気を阻害することをしているかどうか・・・この検証をし、生活を改善してみること。つまり、”眠れてる人”と同じ生活習慣をしてみることだ。

参考:快眠の5+5ポイント

それで不眠状況が改善しなければ、専門医に相談し、指示を仰ぐということが流れだと思う。

*睡眠薬あるいは睡眠導入剤の服用がある場合、オレの守備範囲外をフォローしてくれるPowe-Sleep Teamの鍛冶恵さんに相談し、睡眠生理の面からアドバイスしてもらう。

現在、全国に睡眠治療認定医の病院は多くある。睡眠に関してのトラブルは個人差もあり、原因も様々なので、必ず認定医に相談してもらいところだ。

日本睡眠学会 睡眠医療認定医リスト

ヒトの睡眠は年齢によっても、季節によっても、その日毎によっても違うもの・・・眠れない時期もある。もし不眠が長期間続いて心配なら、必ず睡眠治療認定医の診断を仰ぐこと。
睡眠治療認定医は、余程のことでもない限り、最初から睡眠導入剤を出すことはないはずだ。

 

img_a032f6f6c619986161dfd4e6326e61601470492

 

関連記事一覧

  1. 「羽毛布団 激安!」通販番組の決まり文句の裏解説

最近の記事

  1. マーキュリーアカデミー講義
  2. 眠気を飛ばす最も即効性のある方法
  3. 「羽毛布団 激安!」通販番組の決まり文句の裏解説

アーカイブ

PAGE TOP