Blog読んでね〜♪♪^^ 読まれてないと心折れるしさ

9月・10月はダニの死骸が室内に最も多い

室内に生息するダニの被害は、「刺される」「死骸から出るアレルゲン物質」の2点だが、「ダニに刺された」というのはハッキリ言っちゃえば、ダニ対策の論外なんだよね。

以前のブログでダニの生態を書いたときにも言っているが、人を刺すのはツメダニは部屋の隅っこ・・・特に家具と壁の間とか、冷蔵庫の後ろ辺とかに生息し、発芽したカビや虫の死骸の体液などを餌にしているから、刺される被害があったということは、部屋の隅々まで通気がちゃんとされてないのと、部屋の中央にツメダニが補食するコナダニ(人を刺さない)が大量にいるということ・・・つまり、部屋の掃除が行き届いてないという事だ。
だから、布団やベッドの廻りの掃除を一生懸命やっても無駄ということだね。

室内でもっとも対処しなければいけないのは「ダニの死骸」の除去。この1点に尽きる。
オレもダニには極度のアレルギーがあり、喘息の反応がすぐ出て笛を吹いているように喉が鳴り、息が吐けなくなるので最も注意している・・・オレにとっては死活問題w

ダニは8・9月に産卵し、産卵後にすぐ死ぬので9・10月はもっとも部屋にダニの死骸が多い時期だ。
長梅雨で、残暑が長い年は産卵時期も長くなり、12月上旬あたりまで死骸は多くなるが、今年は10月当りまでだろうね。

だから、ダニを気にするのなら、大掃除・・・特に寝室・寝具のお掃除は9・10月にやるのがいい。

例の布団専用掃除機のヒット以来、ダニへの感心が再燃している状況がある。
TVCMでやっているような、ベッドマットの中にダニが侵入し巣を作ることは普通では考えられない。
もし侵入するとすれば、空気中に舞ったダストに紛れてマットとフレームの隙間に入り込み、そこからマットに侵入するということだが、侵入してもマットや寝具の中にはエサがない(ツメダニのエサ:虫、カビ・コナダニのエサ:人や動物の垢、フケ、穀物の粉など)w
エサがない所に巣を作るバッカな生き物がいるとは思えないけどねww
居たとしても被害を出すほどの数ではないと思うよ、オレは^^

どんな事をしてもダニはいなくならない。だから、上手に共存し、悪さをしないように根本対処をしていくことが大事だと思うわ。

具体的なベッドマットや寝具の掃除のポイントは次のグログに書いていくわ^^

 

flea_a09

関連記事一覧

最近の記事

  1. マーキュリーアカデミー講義
  2. 眠気を飛ばす最も即効性のある方法
  3. 「羽毛布団 激安!」通販番組の決まり文句の裏解説

アーカイブ

PAGE TOP