Blog読んでね〜♪♪^^ 読まれてないと心折れるしさ

A2Care:加湿器の雑菌繁殖予防に活用

ネットで話題の加湿器の危険性とは

加湿器には何タイプかある。加熱式、気化式、超音波振動式、ハイブリッド式・・・

●加熱式:水を加熱して蒸気化して噴霧する方式。各タイプの中で最も噴霧パワーがあるタイプ。
●気化式:フィルターのわたなどを湿らせて、ファンで湿気を噴霧するタイプ。
●超音波振動式:超音波で水を粒子にして噴霧するタイプ。

ネット上で特に危険性が話題になっているのは超音波振動式のもの・・・現在の加湿器やアロマディフューザーの主流のタイプだ。

何が危険かというと、水を粒子化する・・・つまり微細に細かくして噴霧する構造なのでタンク内の水に細菌が繁殖していた場合はその細菌もミストに乗せて同時に室内に噴霧してしまうということからだ。
だから、かなり小まめな掃除や除菌のメンテナンスが必要という事だね。

なぜミネラルウォーターを入れるのがNGか

気化式と超音波振動式の加湿器やアロマディフューザーで、ミネラルウォーターの仕様がNGなのは、細菌が繁殖し易いためで、塩素を多く含んだ水道水の方が殺菌力があるから”必ず水道水を使え!”ということで、取扱説明書にも明記されている。
特にアロマディフューザーは小型ということもあり、使う人にとっては身近なアイテムだから逆にメンテナンスを怠るケースが多いようだ。アロマディフューザーもほとんどが超音波振動式だから加湿器同様の危険があるということだね。
本来は水を入れ替える時に中も綺麗に洗って、アルコールなどで消毒が必要ということだがなんとも面倒くさいわな〜・・・その辺から「危険!」が話題になっているんだろうね。

A2Careの細菌への除菌メカニズムがそこで生きる

A2Careは細菌の細胞壁を壊して中に侵入し、細胞自体を破壊するのでいつも水にA2Careを混ぜていれば何の問題もないわけだ。A2Careは効果の安定性も抜群なので、水+A2Careを継ぎ足しで使っていても細菌の発生・繁殖はないってことだよね。

中を洗う時はオイルなどを洗い流す目的だけでいいという事だ。水垢のぬめりは取れないので、それは定期的に洗浄する必要があるけど。

また、A2Careは有機物質に対して効果があるので、アロマの香りは消臭することはないから大丈夫。

使用料は細菌の繁殖を防ぐ目的だけな「水:9/A2Care:1」・・・つまり10%程度A2Careを混ぜればいいとの事だが、せっかくなら加湿器を使って空気中の細菌やウィルス、花粉、カビ胞子、ダニの死骸などなど、浮遊しているものに幅広く空間除菌したいから「A2Careを2〜3倍に水で薄めて」使うのが一石二鳥ということだね。

冬は加湿器は生活必需品になっているから、こんな使い方もお薦めですわ〜

【関連記事】
#A2Care除菌消臭剤

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-01-22-15-27-37

■A2Care詳細ページはこちら>>>
■A2Careの活用関連コラムはこちら>>>

A2Careはwebshopでご購入いただけます

オンラインBASE a2

 

関連記事一覧

最近の記事

  1. マーキュリーアカデミー講義
  2. 眠気を飛ばす最も即効性のある方法
  3. 「羽毛布団 激安!」通販番組の決まり文句の裏解説

アーカイブ

PAGE TOP