Blog読んでね〜♪♪^^ 読まれてないと心折れるしさ

雑誌「コンフォルト」の取材。鎌倉 ホテルあじさいを撮影

建築系雑誌「コンフォルト」の4月号のホテル特集に、久々にオレが登場^^
かれこれ8年間、メディアから遠ざかってきたが「コンフォルト」は建築関係でも権威があり、毎号内容すばらしいことから、建築家や空間デザイナーは資料として揃えているような雑誌だ。

長期間、メディア露出を拒んできた訳ではないんだけど、なかなか納得のいく企画や取り上げられ方ではない依頼ばかりだったので、結果的に自然に遠ざかっていたって感じだな〜。
今回のホテル特集では、一般のお客様の睡眠環境整備としての眠具の考え方から派生した宿泊施設の眠具あり方や、現状のクリーニング条件がハードルとなっての素材選びの問題点などをお話しさせていただき、オレの眠具プロデュース事例として鎌倉の「ホテルあじさい」が掲載される。

「ホテルあじさい」は、鎌倉の鶴岡八幡宮に隣接する名菓「紅谷」さんが運営し、その店舗の2・3・4階がホテルとなっている。
2年前の春に全面リニューアルし、部屋数を減らし、”おもてなし”をテーマに掲げ、寝具も通常の業務用寝具の枠を超えて、本当に気持ちが良い一泊・・・最高の目覚めを提供しようということでお手伝いをさせていただいた。

取材の際、オーナーと久しぶりにお話をしてビックリしたのは、客室稼働率が90%を越える月もあるくらいで、当社の稼働目標を大幅に越えているということ・・・大成功というわけだ。
もちろん、立地も良いが、それが理由ならリニューアル前から稼働率は高かったはず・・・リピーターが増えない事には、90%などという稼働率をたたき出すわけがないよね。

オレはこうした1〜30室くらいの極小規模な宿泊施設をこれからもお手伝いしていきたい。
ホテルの客室は、自宅の寝室そのもの・・・小規模だからできることが快眠の提供に繋がる事がとても多いと思えるからだ。

丁度気温が下がった日の午前中から客室全体から寝具の構造、メイクスタイルまで丁寧に撮影していただき大感謝!!
発売が楽しみで仕方ないよ^^/

 

関連記事一覧

最近の記事

  1. マーキュリーアカデミー講義
  2. 眠気を飛ばす最も即効性のある方法
  3. 「羽毛布団 激安!」通販番組の決まり文句の裏解説

アーカイブ

PAGE TOP